船場(6540)東1 貸借

分売価格    982円

前日の終値   1,003円
割引率       2.09%
申込上限         2枚
分売株数    2,000枚
目的  株式の分布状況改善及び流動性向上

<投資方針> 買い

前日終値は分売発表日の株価とほぼ変わらず
3
日は前日比3.7%(36円)高の1,003円で引けました
特に、大引け間際に大きく出来高を伴って
大幅上昇しました
これは、空売りしていた人の買い戻しや
思惑での売買があったのではないかと考えられます


割引率2%は引け間際の大幅上昇を考えれば
もう少し割り引いて欲しかったところ


バリュエーションは平均程度
出来高は分売発表後1日平均900枚程度であり
流動性は全く問題なさそう

テクニカル的には
3月2日の1,398円を高値に下落基調
また、分売発表翌日に窓を開けて下落したが戻り基調
当面は窓埋めを試す展開となりそう

直近の貸借銘柄の結果は悪かったものの
今回は枚数も少ないし堅調な結果を期待したいところ

きちんと申込しておきたい



みらいワークス(6563)東M

分売価格    4,660円

前日の終値    4,780円
割引率       2.51%
申込上限         3枚
分売株数    200枚
目的  株式の分布状況の改善及び流動性の向上

<投資方針> 打診買い程度

前日終値は分売発表日の株価とほぼ変わらず
3
日はマザーズ指数が上昇する中
前日比▲2.7%(120円安)と逆行安となりました

割引率2.5%は枚数を考えればこれくらいか

バリュエーションは割高
1日10数枚の出来高の日もあるが
分売枚数自体が少ないため
流動性は問題なさそう

テクニカル的には下落基調で上場来安値近辺
分売価格は上場来安値を下回る
そろそろ戻りを試してもよさそうだが
分売結果が悪いとさらに下に行く可能性もありそう

新興市場銘柄かつ値がさ株のうえ
枚数がそれほど多くないだけに
参加するかどうか迷う人も多そう

損失を出したくない人は見送ってもよさそうな案件