※文末におまけネタも書いてあります

フィル・カンパニー(3267)東M 信用

分売価格     8,691円
前日の終値       8,960円
割引率          3.00%
申込単位       100株
申込上限      100株
分売株数      5万株
目的 形式要件の充足
   株式の分布状況の改善及び流動

<投資方針> 参加

前日終値は分売発表日と比べて約2割上昇
同日は前日比▲7円と小幅安

値がさ株であるとしても500枚と少ないことで
ディスカウント率は3.00%は魅力的
ネックとしては今年に入って株価が2倍になっており
過熱感が高いことか

バリュエーションはPER146倍と異常な高さ
1月からモメンタム効果
で高値を日に日に更新中
流動性は申し分ない

株価は右肩上がり
前述の通り1月に入ってからさらに傾きが急になっている

昨年も同時期に分売を実施して堅調な結果となる
前回の分売結果はこちら
さらに、前回は800枚だったが今回は500枚と少ない
希少性から人気が集まるのは必至

唯一気を付けるとしたら、今回の分売をカタリストとして
株価が反転して下落トレンドに入ることか
さすがにPER146倍はどう見ても過熱しすぎと考える

管理人は参加したいものの500枚と少なく値がさ株のため
半ばあきらめています


<過去の分売実績(参考)>
17/2/22(東M)分売価格 3,986円(▲3.01%) 寄付 4,050円 終値 4,400円




早稲田アカデミー(4718)東1 貸借

分売価格     1,668円
前日の終値       1,711円
割引率          2.51%
申込単位       100株
申込上限      300株
分売株数      15万株
目的 株式の分布状況の改善及び流動性向上

<投資方針> 買い

前日終値は分売発表日と比べて約7%下落
同日はTOPIXが1%弱下落するなかで
▲7円(▲0.4%)と小幅安で引けている

また、大引けに124枚出来ているので空売りが
ある程度入っていると考えられます

東証1部かつ貸借銘柄で

ディスカウント率2.5%はまあまあの水準

バリュエーションは平均からやや割高
出来高は100枚平均
分売発表後は400枚平均にまで増加しており
流動性は問題なさそう

チャートはここ半年ヨコヨコの動き
1700円近辺でうろうろしており
今回の分売価格は魅力的に見える

また、決算が3月で優待もあるため
そこまでホールドしておくのも良さそう


【おまけ】
SBI証券の口座をお持ちの皆さん
「立会外分売/立会外
トレード」タブをクリックして
「立会外分売取扱銘柄一覧」だけしか
チェックしていませんか?
こっそり(?)立会外トレードの予定が出ています

昨日は銘柄だけ発表されていましたが
本日は最低申し込み株数と上限も発表されています
貸借銘柄だけに楽しみですね!

以上、最後まで
読んでいただいていただいた方に
おまけの情報でした

もう気づかれてた方は既知の情報ですみません